1. HOME
  2. 健診・診察メニュー
  3. 健診結果の見方

結果説明

結果説明

健康診断をご受診いただいた方に、後日の結果説明をいたします(無料)。
ご希望の方は、結果報告書がお手元に届いてから、ご予約をおとりください。

健診結果からわかること(参考)

健診をより理解していただくには、それぞれの検査項目の意味を理解することが大切です。検査でわかることや目的などを確認しましょう。 また、健診の結果から病院受診を進められている場合は、必ず病院に相談しましょう。 健診結果は検査値の変化を経年的に観察していくことが重要です。結果の比較ができるように毎年保存しておきましょう!

検査結果を活かし、よりよい生活習慣へ

運動

1.運動

体を動かす機会は減る一方です。だからこそ積極的に運動をしましょう! 〇1か月で腹囲1㎝(体重1㎏)を減らすには、1日約230kcal(約7,000kcal)のエネルギー量を運動や食事で減らしましょう。
(体重60kgの人の消費例)
・階段の昇降 10分 63kcal   
・早歩き 30分 126kcal
・普通に歩く 30分 95kcal   
・軽いジョギング 30分 189kcal

食事

2.食事

毎日のエネルギーはバランスの良い食事から。
〇主食、主菜、副菜のそろった食事にしましょう。(外食では和定食など)
〇朝食は必ず食べ、夕食は腹八分目を守りましょう。(よく噛むと満腹感あり)
〇外食や食品購入の際は栄養表示を参考にしましょう。(一食500~800cal、塩分は3g程度がおすすめ)
〇甘いものはほどほどに。お酒も適量を守って週に2回は休肝日を。

禁煙

3.禁煙

禁煙は健康への近道です。
〇禁煙を自分へのプレゼントにしましょう
【禁煙の効果】
・味覚、嗅覚が戻る、歩行が楽になる
 肌のつやが良くなる(48時間後)
・肺機能が30%改善する(2週~3か月後)
・咳や息切れが改善、風邪を引きにくくなる(1か月~9か月後)
・心疾患のリスクが半減する(1年後)

メタボリックシンドロームに着目した特定保健指導を受けましょう

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)とは、内臓脂肪により、高血圧・高血糖・脂質異常症などが重複した状態のことです。
自覚症状はほとんどなく、ほおっておくと動脈硬化が急速に進行し、心臓病や脳卒中などの病気の引き金となります。

特定保健指導とは?

特定保健指導は、健診結果(保有するリスク数)から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による予防効果が多く期待できる方に治して、生活習慣を見直すサポートを行うものです。 特定保健指導は、保有するリスク数に応じて、「動機付け支援」と「積極的支援」の支援コースに分類されます。

・動機付け支援:保険師等とともに改善策を決め、3か月後に成果を確認します。
・積極的支援:保険師等とともに改善策を決めた後、3~6か月程度の継続的なサポートを行います。
・情報提供:特定保険指導の対象ではありません。このリーフレットをご活用いただき生活習慣を見直すきっかけとしてください。

健診のご予約・お問い合わせ

当クリニックの検診は予約制になっておりますので、
お電話又はご来院の上、ご予約下さい。
下のボタンからインターネット予約も可能です。
お問い合わせもお気軽に
以下の番号へお問い合わせください。

- お電話でのお問い合わせはこちら -

0120-978-922

受付 09:00 ~ 17:00